忍者ブログ
霞ヶ浦、大山スロープのバスボートプロショップです。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11

本日の出張作業。





横浜・大黒埠頭に来ています。


久しぶりのボート引き取りです。


タイミング悪く、お昼休み中に着いてしまいました。


しばらく待機して、午後、ゆっくり帰ります。





安全運転でね。




PR

穏やかですね〜。





今年は暖かいうえに風が穏やかな日が多いです。





外での作業がやりやすいです。





ヤマハ V-MAX 200hp(キャブレター)のオーナー様からのご指摘で、


最近、排気ガスが多いような気がする


なんとも分かりにくい症状です。


ガソリンが濃いのか、オイルが多いのか・・・


エンジンを点検してみると・・・





オイルポンプリンクの樹脂部品が割れてしまっています。


経年劣化ですかね。





このオイルポンプはリンクが外れると、スプリングによって全開方向に動きます。


正常であれば、スロットルと連動してオイルポンプを開閉し、オイルの量を調整しているのですが、リンクが外れているので常に全開でオイルを送っていたようです。





いつも使っているオーナー様だからこそ、気がついたんでしょうね。


修理後は、


排気ガスが少なくなった気がする


そうです。


微妙な症状ですね。





マーキュリー オプティマックス 175hp。





ここには、オルタネーターが取り付けられています。


なぜ、取り外したかと言うと・・・





ブラケットを固定しているボルトが折れています。


そのため、オルタネーターがベルトに引っ張られ、テンションローラーのブラケットにあたっていました。


さて、このボルト、抜けるのか・・・


残ったボルトの中心に穴をあけ、ボルトエキストラクターで抜きます。





苦戦しましたが、なんとか抜けました。








この影響でちょっと傷んでいた、ブラケットとラバーマウントも交換します。





オルタネーターを取り付けて試運転。


作業完了です。





サーモスタット交換作業です。


エンジンによって付いている場所は違いますが、だいたい、シリンダーヘッドの上部か、シリンダーブロックの上部に付いています。





写真はエビンルード150馬力です。


シリンダーヘッド上部に付いています。








サーモスタットは、エンジンを適正稼働温度に保つ部品です。


たまには、点検してみましょう。




プロフィール
HN:
marineworks
性別:
男性
職業:
ボート屋さん
趣味:
釣り・映画鑑賞・読書
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 15
16 17 18 19 20 21 22
23 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ [PR]