忍者ブログ
霞ヶ浦、大山スロープのバスボートプロショップです。
[352]  [351]  [350]  [349]  [348]  [347]  [346]  [345]  [344]  [343]  [342

マーキュリーとヤマハのエンジンには、オイルタンクが2つある機種があります。


おもに、V型エンジンです。


1つはボートの中、もう1つは、エンジンに付いています。


一見、ボート内のタンクの方が大きいので、こっちがメインのタンクと思いがちですが、実は、エンジン内の小さいタンクがメインタンクです。


マーキュリーの場合、オイルレベルセンサーはエンジン内のタンクにしか付いていません。


ピピピピピッ・・・という警告音はオイルレベルの低下を知らせているのですが、ほとんどのお客様は、ボート内のオイルタンクを確認して、〃オイルは入っています〃と返答があります。





実は、こっちのオイルレベルが低下しているんです。


こうなる原因はいくつかありますが、今回の原因は・・・





ボート内オイルタンクのオイル吸い上げ口に付着したドロドロ。


この部分、ゴミを吸い込まないようにフィルターになっています。


この部分だけ洗浄しても、タンク内に汚れが残っていたらまた詰まってしまうので、ちょっともったいないですが、オイルの入れかえと洗浄です。








試運転。


エンジン内のオイルタンクに、オイルが入って来るのを確認して作業完了です。


PR
プロフィール
HN:
marineworks
性別:
男性
職業:
ボート屋さん
趣味:
釣り・映画鑑賞・読書
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ [PR]